プログラミング不要!Glideでアプリを5分で作って公開してみた

モチベーション

  • 親戚や友人からのプレゼントなどを簡単にメモしておきたかった
    • メモしておかないと、あとで「あの時、なにもらったけ?どのくらいの金額で買えばいいのか。。。」となりがち。
  • Glideを使って何かツールっぽいやつを作ってみたかった。(←ココ)

アプリの仕様

以下の情報(5W1H)を登録/参照でき、メンバー(家族)で共有できる

  • When いつ
    • プレゼントを送った/貰った日
  • Who だれ
    • プレゼントを送った方のご芳名/貰った方のご芳名
  • where どこ
    • 送り先にメモです。貰った際の伝票に記載の内容
  • Why なぜ
    • プレゼントの理由
    • お歳暮とか、誕生日とかの情報
  • What なにを
    • プレゼントの名称
    • プレゼントの概要
    • 写真の添付
  • How match (金額)
    • 正確には分からないと思うのですが、大体の目安は残しておきたい
    • プレゼントを返す際に、多すぎても/少なすぎても失礼になるため

Glideって何?

Googleが提供するスプレッドシートをもとに、手軽にアプリを作成できるノーコードツール(プログラミングが不要)です。

以下が本家サイトになります。

Glide : https://www.glideapps.com/

1、Glideへの登録

サイトで「Build your app」をクリックします。

「Sign up with Google」をクリックします。

いつものように、アカウントの選択が表示さるので、ログインするアカウントを選択します。

Glideがアカウントへのアクセスをリクエストするので、許可します。

ログインした最初に表示される画面です。ここまでくれば、Glideを使ってアプリを作成できるようになります。

2、Googleスプレッドシートの用意

アプリは、Googleスプレッドシートから作成ができます。そのため、まずはGoogleスプレッドシートの準備をします。

ここから、一旦、Glideではなく、Googleドライブで作業をします。

先ほど、登録したアカウントでGoogleドライブにアクセスし、新しいGoogleスプレッドシートを作成します。

アプリの仕様にあわせて、スプレッドシートに項目を追加します。

またGoogleスプレッドシートのファイル名とシート名も変更しておきます。

あと、なくてもアプリの作成はできますが、サンプルでデータを追加しておきます。

4、GoogleスプレッドシートからGlideアプリの作成

ここからは、またGlideに戻って作業をします。

Appsの「from Google Spread sheet」を選びます。

先ほど作成したファイルが見つかるので、選択をします。

(もし見つからない場合は、同じアカウントか確認をしてください。)

少し待つと、以下の画面が表示されます。

デフォルトの状態で画像が表示されていたり、データがリスト化されています。(初めて見たとき、驚愕しました。)

この状態で、もうデータの参照はできるアプリが完成します。

5、Glideアプリでのデータ追加機能の追加

データをアプリから追加できるようにするには、「Properties」から「ADD」タブを選んで、その中の「」Allow users to add items」チェックボックスにチェックを入れます。

画面の右上に「追加」アイコンが表示されます。

6、作成したGlideアプリの公開

早速、スマホなどで試したくなると思いますので、公開の方法から記載します。

画面の右上に「share」があるので、そのshreを押します。

するとQRコードと、URLリンクが表示されますので、これをスマホに送ります。

実際にスマホでGlideアプリを表示させた画面のキャプチャです。

新規データは、画面右上の「+」から登録を実行できます。

日付はカレンダーから選べたり、スマホで撮った写真をアップロードできたりします。(スマホの写真を登録できることには驚きました。)

5、Glideアプリのインストール

Glideはデフォルトでアプリのインストール用ページも作成してくれます。アプリアイコンの右上にあるメニューから「Open App」を選ぶと

アプリのインストール用画面が表示されます。この画面をシェアすることで、メンバーに通知することができます。

また、Glideはプログレッシブウェブアプリ ( Progressive web apps )のため、スマホアプリのようにインストールすることができます。

やり方はとっても簡単です。

まず画面右上のメニューを開きます。

メニューから「アプリをインストール」を選びます。

すると「アプリをインストール」画面が表示されるので、「インストール」を選びます。

スマホのアプリ一覧を開くと、アプリアイコンが追加されていることがわかります。

以上です。

所感

思ったよりも、簡単にアプリを作成できました。またスマホにインストールできてアプリ感覚で使えるのも、使ってみてもいい感じでした。

これのアプリがあれば「あれ?〇〇さんから前に貰ったプレゼントって何だったけ?」とならずに済みます。

About: ken


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください