北欧旅行(ヘルシンキ→ストックホルム)フェリー移動 | タリンクシリヤ (Tallink Silja)

北欧旅行(2日目)(ヘルシンキ→ストックホルム)| タリンクシリヤ (Tallink Silja)フェリー移動

移動ルート

 

北欧旅行の2日目です。

2日目はヘルシンキからストックホルムへ、フェリーで移動しました。

移動に使ったフェリーは、タリンクシリヤ (Tallink Silja)を利用しました。

 

 

フェリーは、ヘルシンキのオリンピア ターミナルから、ストックホルムのヴァルタハムネン・ターミナルへ1泊船の旅です。

タリンクシリヤのセレナーデ

北欧は物価が高いので、移動と宿泊が同時にできるフェリーは経済的に節約できておすすめです。

しかも夜の時間を移動に使えるので、時間の面でも節約になりました。

 

タリンクシリヤ (Tallink Silja) とは

タリンクシリヤ (Tallink Silja)の公式サイト

最近になって日本語版の公式サイトが作られたようです。

 

タリンクシリヤ (Tallink Silja)の予約は2018/8月にネットからしました。

代理店を通さずに、個人で連絡して予約を取ったので、フェリーに乗るまでは、

本当に予約できているかハラハラしましたが、問題なく無事に乗れました。

 

下記が、予約した際のメールで、メールに添付されたPDFの内容は以下のようになっています。

タリンクシリヤ (Tallink Silja)のロゴマークのキャラクターは熊なのか、あざらしなのか。

 

客室

 

タリンクシリヤ (Tallink Silja)の部屋は、DELUXE(デラックス)客室に泊まりました。

海が一望できるオーシャンビューの客室タイプでした

客室の中を撮影した360度(全天球)写真です。

 

 

スパークリングワインやビール、コーラなどは、無料のミニバーとして部屋に用意してました。

さらに、タボラタ・レストラン・イタリアーノにて、ご朝食ビュッフェを無料で食べられます。

 

デッキ

 

船のデッキに出てとった写真です。撮影時は10月の初旬で、とても寒かったです。

 

 

船の屋上にで撮影したは360度(全天球)写真です。

 

 

 

以下は360度(全天球)写真を撮影してる時の写真です。

みんなに注目されます。街中だと特に好奇な目で見られます。

 

レストラン

 

船の中にはレストランがいくつかなったのですが、「GRANDE BUFFETグランド・ビュッフェ」で夕食を食べました。

 

前菜、メイン、デザートなどいろいろと取り放題でした。でも塩分高めな感じで、しょっぱかった。

 


グランドビュッフェの料理 塩分高め

 

トゥルク、オーランド、ストックホルムの地元産食材を使用した料理らしいです。

ワイン、ビール、ソフトドリンク、コーヒー、紅茶も料金にすべて含まれていました。

でも、しょっぱかった。

 

朝御飯

 

タボラタ・レストラン・イタリアーノにて、ご朝食ビュッフェを食べました。

夕食ががっかりだったので、朝食も期待していなかったのですが、

こちらは美味しかったです!

全然しょっぱくなかった。

 

TAVOLÀTA RISTORANTE ITALIANO タボラタ・レストラン・イタリアーノの朝食

 

 

ストックホルムのヴァルタハムネン・ターミナルへ

 

ストックホルムのフェリーのヴァルタハムネン・ターミナルに近づいた時に

デッキ端から撮影した360度(全天球)写真です。

カモメの目線。

 

 

船内のショップ

船の中にはお土産を売っている売店がありました。

 

 

船内にはムーミンやマリメッコがうってました。限定デザインとかで。

ムーミン IN タリンクシリヤ

 

フェリーがストックホルムについたときに、入り口で集合する人々です。

 

About: ken


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください