Windows 10 Pro 最安アップグレード|PSNGAMES.ORG

WindowsでDockerをするためにWSLで頑張ってきましたが、2018/12現在では少し厳しいです。

やっぱり、Windows10 HomeからWindow10 Pro(Hyper-Vが使える)にアップグレードすることにしました。

Docker for windowsでKubernetesを使えるので。

ただし、ご存知の通り利用前提がHyper-Vが使えること、つまりWindows10 Professinalが必要となります。

ただ、通常の購入をすると、大体20000円前後もするため、できるだけ安く済ませたい。。。

そこでPSNGAMES.ORGでライセンスを購入することにしました。

【!!重要!! (2019/5/19 追記)】

PSNGAMES.ORGは閉鎖したようです。

格安で入手する代替手段としては「ヤフオク」があります。

ただ、個人間でのやり取りになるので、オークションが不安な方は、正規の入手をお勧めします。

Microsoft Windows 10 Pro 正規版

また、amazonにも正規料金より安い価格で販売されている商品がありますが、販売元はMicrosoftではないため、トラブル時の対応は自己責任になるようです。

ちなみに、MicrosoftはWSL2のリリースを発表しており、今後はProでなくてもHyper-Vの恩恵にあずかれる可能性があります。ただ2019年5月時点では、まだリリースされておりません。

以下は古い情報のため、あくまで参考情報として残しておきます。


PSNGAMES.ORGで検索

まずは、PSNGAMES.ORGで「Windows10 Professional」で検索。

説明をGoogle翻訳で返還

特徴
ソフトウェアのフル、公式および合法的なバージョン – マイクロソフトから直接ダウンロードしてオンラインで認証。

説明
コードは常に在庫があり、お支払い後はすぐにお届けします
WINDOWS 10 PROをアクティベートするための完全で公式な正規シリアルコード
Microsoftから直接ダウンロードする
サポートされているすべての言語

すべての機能のロックが解除されたマイクロソフトから直接提供される製品版と、大手PCメーカーが販売するデバイスで提供されるバージョンであるOEM版の2つのバージョンがあります。 OEMは限られています – 最初のアクティベーションで永久に1台のPCにバインドされます。Microsoftsの無料電話サポートは付属していません。Windows7または8.1からのアップグレードには使用できません。製品版にはこれら3つの制限はありませんが、これ以外はまったく同じ製品です。

利用可能なバージョン
OEMバージョンは限られています – それは永久に1つのPCにバインドします、それはMicrosofts無料電話サポートが付属していません、そしてあなたはWindows 7または8.1からアップグレードするためにそれを使うことができません。特に、後でPCをアップグレードまたは変更しても、引き続き当社のキーを使用する場合は、制限のない製品版を購入することをお勧めします。

PSNGAMES.ORGで購入

カートに入れて、お支払い画面へ移動します。

クレジットカード情報を入力するのですが、海外のサイトで入力するのはちょっと怖い。

PSNGAMES.ORG購入したライセンスの確認

①購入後、画面上部のアカウント名をクリックします。

②プルダウンされるメニューから「My Purchases(購入履歴)」を表示

③表示される購入履歴から、詳細を表示を押します。

画面に表示された「Show Activation Guide」をクリックします。

モーダル画面が表示されるため、「Next>>」をおして次の画面へ移動します。

アップグレードは、Windows Storeから行えるので、特にMicrosoftのサイトを開く必要はないです。

次の画面で表示されるプロダクトキーを、コピーしておく

Windows10 Proへのアップグレード

Windows Storeで「Windows Pro」で検索して、アップグレード画面を表示する。

Windows Storeは、windowsのタスクバーにある「ここに入力して検索」に「windows store」と

入力して検索すれば表示されます。

先ほど入手したライセンスキーを登録する。

OKであれば、「開始」を実行します。

アップグレードが完了すると、一度PCが再起動されます。

ライセンス認証画面をみると、Windows10 Proになっている。

所感

クレジットカード情報を入れるかどうか、30秒迷った。

タグ:

About: ken


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください