GAS(Google Apps Script)でTwitterへの定期自動投稿

WEBサービスを運用していく上で、重要になってくるのが集客です。いろいろな手段があると思いますが、無料でできる集客としてはTwitterへの投稿があります。

今回は、Twitterへの自動投稿をGAS(Google Apps Script)を使って行う方法を、実際に運用で使っているソースをもとに説明したいと思います。

はじめに

前提条件としては、ご自身のGoogleアカウントをもっており、以下の図に示すようにGoogle Apps Scriptを立ち上げられることです。(中身は、記事の中で作成していきます。)

全体像

まずは全体の構成について記載します。大きくは3ステップです。

  • トリガー設定(下記図の①~③)
  • 記事の作成(下記図の④、⑤)
  • 記事の投稿(下記図の⑥、⑥’)

それぞれ、①~⑥について簡単に概要を記載します。

  • ① 毎日、決まった時間に実行するトリガーです。これはGoogle Apps Scriptの機能として提供されています。ただし、 毎日8時のような指定をした場合、実行は時間ぴったりではなく8時から9時の間というアバウトな 実行になります。
  • ② アバウトな実行では困るため、正確(8:00に実行)させるために、スクリプト内でトリガーを設定します。①のトリガーは、大体6~7時に実行されます。そこで②を呼び出して、8:00ぴったりに実行するトリガーを設定します。
  • ③ 8:00ぴったりに実行されるトリガーです。このトリガーで実行される関数(myFunction)を設定しています。
  • ④ 8:00に呼び出される関数(myFunction)です。記事作成と記事投稿を行います。
  • ⑤ 記事作成の関数です。140文字を超えないようにするなど、Twitterに合わせた記事を作成します。
  • ⑥ 記事投稿の関数です。内部では「 TwitterWebService 」(後述)を使っています。
  • ⑥’ Twitterへの認証を関数にして、⑥で実行しています。

①~⑥をソースをもとに具体的に解説

①毎日実行されるトリガー(1時間の誤差あり)

トリガーはGoogle Apps Script(GAS)の標準機能として提供されているため、簡単に設定可能です。

プロジェクトの「編集」をクリックすると「現在のプロジェクトのトリガー」と表示されます。それをクリックするとトリガーを設定するプロジェクト画面に移動します。

このトリガー画面の右下にある「トリガーを追加」ボタンをおすと、トリガーを追加できます。

ただし、 毎日8時のような指定をした場合、実行は時間ぴったりではなく8時から9時の間というアバウトな 実行になります。

それでは困るため、一工夫します。

このトリガーは6時~7時に実行するようにします。そして、正確な実行時間のトリガーを登録する関数(以下②の「setTrigger」)を呼び出すトリガーとします。

②正確なトリガーを登録するための関数

①で呼び出される「setTrigger」関数の定義です。 この関数では、8:00に「myFunction」関数を実行するトリガーを登録しています。 またトリガーは登録したままですと増えるばかりで、トリガー画面が見づらくなるため「delTrigger」で不要な過去分のトリガーを削除しています。

//--------------------------
//TWITTER用トリガー設定
//毎日、定時実行するトリガーを作成する
//--------------------------

function setTrigger(){
  //過去分を削除
  delTrigger();
  //当日分を作成
  var setTime = new Date();
  setTime.setHours(08);
  setTime.setMinutes(00); 
  ScriptApp.newTrigger('myFunction').timeBased().at(setTime).create();
}

//--------------------------
//TWITTER用トリガー削除
//毎日、定時実行するトリガーを削除する
//--------------------------
function delTrigger() {
  var triggers = ScriptApp.getProjectTriggers();
  for(var i=0; i < triggers.length; i++) {
    if (triggers[i].getHandlerFunction() == "myFunction") {
      //ScriptApp.deleteTrigger(triggers[i]);
      Logger.log(triggers[i]);
    }
  }
}

③正確なトリガー(分単位の精度あり)

②が6時~7時に呼び出されると、以下の③が8:00ぴったりに実行される関数として登録されます。実行時には「myFunction」が呼び出され実行されます。

④トリガーで呼び出すメイン関数

8:00に実行されるメイン関数(myFunction)です。なかでは⑤「記事作成」の関数、⑥「記事投稿」の関数が呼ばれています。

//--------------------------
//トリガー実行されるメイン処理
//--------------------------

function myFunction() {
  //今日のお得
  var today_maitoku_message = today_maitoku(today,entries,app_url);//⑤
  weet(today_maitoku_message);//⑥
}

⑤記事作成の関数

ここは、投稿する内容によって、独自に作成する個所になります。そのため、以下はあくまでも例として載せておきます。

1点、注意事項として、同じ内容を連続して投稿するとTwitterからエラーが返されてしまいます。おそらくボット的な使い方をするユーザが増えたことによる措置だと思います。

関数について、簡単に説明します。以下の関数は、3つの引数をもとに、1つの投稿記事を作成しています。

引数は

  • (1) today:MM/DD の日付 
  • (2) お得な店舗のリスト
  • (3) Twitterユーザに来てほしいサービスのURL

となっています。

また、Twitterは1つの投稿で140文字の制限があるため、店舗リストをどこまで載せれるかを「店舗情報組み立て」の中で判定しています。出来るだけ情報は載せたいので、140文字ギリギリのところまで攻めたら、記事をかえします。

//今日のお得情報
function today_maitoku(today,entries,url){
  //件数
  var count = entries.length;
  
  //投稿用メッセージ
  var part1 = "\本日" + today + "のお得なお店/\r\n\r\n";
  var part2 = "";
  var part2_tmp = "";
  var part3 = "など\r\n\r\n▽ほかのお得な日もチェック" + url;
  var message = "";
  
  //文字数チェック用
  var max_length = 140 - part1.length - part3.length
  
  //投稿メッセージ 店舗情報組み立て
  for(var i=0; i<count; i++){
    //店舗情報のリスト
    part2_tmp = part2 + "・ #" + entries[i].store_name + " は" + entries[i].merit + "\r\n";
    
    //メッセージの長さ140文字以下かチェック
    if(part2_tmp.length <= max_length){
      part2=part2_tmp;
    }
  }
  
  //投稿メッセージを返す
  return  part1 + part2 + part3;
  
}

⑥Twitterへの記事投稿の関数

次に記事投稿の関数です。ここでは⑤で作成した投稿記事(msg)を引数にしています。ポイントは、関数の1行目で作成されるtwetterインスタンス「TwitterWebService」です。

//--------------------------
//TWITTERへの投稿関数
//--------------------------
function tweet(msg){
  var service  = twitter.getService(); //TwitterWebServiceのインスタンス
  var message = msg;
  var response = service.fetch("https://api.twitter.com/1.1/statuses/update.json", {
    method: "post",
    payload: { status: message }
  });
}

⑥’外部ライブラリ「TwitterWebService」で時短

1からTwitter投稿用の関数を自作してもよいのですが、すでに先人が開いた道が用意されているので、ここはありがたく利用させていただきました。

Google Apps Script(GAS)でライブラリを登録するのはとても簡単です。まず「リソース」をクリックして「ライブラリ」をクリックします。

すると、以下のように登録画面が表示されるので、

プロジェクトキー: 1rgo8rXsxi1DxI_5Xgo_t3irTw1Y5cxl2mGSkbozKsSXf2E_KBBPC3xTF

を入力して、「追加」を押すとライブラリを追加できます。

TwitterWebServiceの利用設定

TwitterWebServiceを利用するための設定です。「認証用のインスタンス」に記載の「***************」の個所には、ご自身のTwitterの ‘Consumer Key (API Key)’, ‘Consumer Secret (API Secret)’ になります。

//--------------------------
//TWITTER認証用(変更不可)
//--------------------------

// 認証用のインスタンス
var twitter = TwitterWebService.getInstance(
  "*************Consumer Key",     //変更が必要です!!
  "*************Consumer Secret "  //変更が必要です!!
);

// 認証
function authorize(){
  twitter.authorize();
}

// 認証解除
function reset(){
  twitter.reset();
}

// 認証後のコールバック
function authCallback(request){
  return twitter.authCallback(request);
}

最後に全スクリプトを載せておきます。

//--------------------------
//TWITTER認証用(変更不可)
//--------------------------

// 認証用のインスタンス
var twitter = TwitterWebService.getInstance(
  "*************Consumer Key",     //変更が必要です!!
  "*************Consumer Secret "  //変更が必要です!!
);

// 認証
function authorize(){
  twitter.authorize();
}

// 認証解除
function reset(){
  twitter.reset();
}

// 認証後のコールバック
function authCallback(request){
  return twitter.authCallback(request);
}

//--------------------------
//TWITTER用トリガー設定
//毎日、定時実行するトリガーを作成する
//--------------------------

function setTrigger(){
  //過去分を削除
  delTrigger();
  //当日分を作成
  var setTime = new Date();
  setTime.setHours(08);
  setTime.setMinutes(00); 
  ScriptApp.newTrigger('myFunction').timeBased().at(setTime).create();
}

//--------------------------
//TWITTER用トリガー削除
//毎日、定時実行するトリガーを削除する
//--------------------------
function delTrigger() {
  var triggers = ScriptApp.getProjectTriggers();
  for(var i=0; i < triggers.length; i++) {
    if (triggers[i].getHandlerFunction() == "myFunction") {
      //ScriptApp.deleteTrigger(triggers[i]);
      Logger.log(triggers[i]);
    }
  }
}

//--------------------------
//トリガー実行されるメイン処理
//--------------------------

function myFunction() {

  var app_url="https://******.info/app";
  var day = new Date();
  var y = day.getFullYear();
  var m = day.getMonth() + 1;
  var d = day.getDate();
  var api_call_day = y + "-" + m + "-" + d
  var today = m + "月" + d +"日" 
  //maitoku info
  var entries = gatMaitokuEntry(api_call_day); //ここはご自身の記事にあわせて変更

  //今日のお得
  var today_maitoku_message = today_maitoku(today,entries,app_url);//⑤
  weet(today_maitoku_message);//⑥
}

//今日のお得情報
function today_maitoku(today,entries,url){
  //件数
  var count = entries.length;
  
  //投稿用メッセージ
  var part1 = "\本日" + today + "のお得なお店/\r\n\r\n";
  var part2 = "";
  var part2_tmp = "";
  var part3 = "など\r\n\r\n▽ほかのお得な日もチェック" + url;
  var message = "";
  
  //文字数チェック用
  var max_length = 140 - part1.length - part3.length
  
  //投稿メッセージ 店舗情報組み立て
  for(var i=0; i<count; i++){
    //店舗情報のリスト
    part2_tmp = part2 + "・ #" + entries[i].store_name + " は" + entries[i].merit + "\r\n";
    
    //メッセージの長さ140文字以下かチェック
    if(part2_tmp.length <= max_length){
      part2=part2_tmp;
    }
  }
  
  //投稿メッセージを返す
  return  part1 + part2 + part3;
  
}

//--------------------------
//TWITTERへの投稿関数
//--------------------------
function tweet(msg){
  var service  = twitter.getService(); //TwitterWebServiceのインスタンス
  var message = msg;
  var response = service.fetch("https://api.twitter.com/1.1/statuses/update.json", {
    method: "post",
    payload: { status: message }
  });
}

まとめ

サービスの運用は大切ですが、できるだけ自動化を行い、機能やコンテンツの拡充にあてるリソースを確保することが、利用してい頂くユーザにとってもプラスであると考えています。

詳解! GoogleAppsScript完全入門 ~GoogleApps & G Suiteの最新プログラミングガイド~

About: ken


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください