Iwatani(イワタニ)の煙の出ない「やきまる 焼肉プレート CB-P-Y3」で「におい」を気にせず お家焼肉

お気に入りのカセットコンロ「達人スリム」

5年くらい前に買ったIwatani(イワタニ)のカセットコンロ「カセットフー 達人スリム (CB-AS-1)」ですが、デザインがカッコよく、薄くスリムな形がとても気に入っています。

冬は鍋に大活躍で、我が家の家電(?)の中でも、このスタイリッシュでオシャレなカセットコンロはお気に入りの1つです。

また、本体も軽いため、収納から出すのもお手軽です。台所の上段の棚から出すときも力を入れずに出すことができます。

あと構造もシンプルなのでお手入れが簡単です。

プレートを置く台が本体から外す事ができ、フッ素加工なので、アルコールでササっと拭くだけでもきれいになります。

5年たってもキレイです。焦げなどはありません。

よく計算された設計をしているなと、感心してしまいます。

お家焼肉で一番気になるのは「におい」

最近、コロナ禍のためお家でごはんを食べる機会が増えており、やっぱり家で焼肉はしたい。食べたい。との思いが日増しに強くなっておりました。

すでに串カツは欲望に負けて、山善のフライヤーを購入済みです。お家串カツは以下の記事で書いてます。

電気フライヤー「山善 揚げ物の達人」購入レビュー

お家焼肉をためらう1番の理由は、やはり焼肉後の「におい」だと思います。次は片付けですかね。

そのため、Iwataniが販売してる、煙の出ない焼肉製造機「やきまる(CB-SLG-1)」さえあれば、と思いながら過ごす日々を送っておりました。

やきまる(CB-SLG-1)

だた、カセットコンロを2台も購入するのは。。。

以下は、Iwatani「やきまる」の説明抜粋です。

煙を気にせず室内で焼肉が楽しめる!
煙の発生が抑制できる焼肉専用器。
 ・プレートの温度を210〜250℃に一定化させることで肉の脂が煙化されることを抑制。
 ・さらに炎に焼肉中の油脂が当たらない構造で煙が出にくい。
どのご家庭でも焼肉を楽しめる。
 ・煙が出ることで焼肉を遠慮しがちなマンションや高気密住宅でも、煙の発生を気にせず焼肉を楽しめます。
フッ素加工のプレートでお手入れカンタン。
 ・こびりつかないプレートなのでお手入れが楽々。
場所を取らないコンパクトサイズ。
 ・卓上でもスペースを取らず、収納時も収納時も省スペースでとても気軽に使えます。

Iwataniの達人シリーズ「焼肉プレート」を発見、即購入

「焼肉食べたい」我慢ならん。と、とうとう「やきまる」を買う気でネットを検索したところ見つけちゃいました「イワタニ 焼肉プレート(CB-P-Y3)」。

イワタニ 焼肉プレート(CB-P-Y3)

これ、言ってしまえば、煙が出ない「やきまる」の上の部分です。

「Iwatani 達人スリム」の上に「Iwataniの達人シリーズ 焼肉プレート」を乗っけるだけでいいわけです。Iwataniの考えた人、ただの天才ですね。

これなら、今のお気に入りのカセットコンロを有効活用も出来ちゃいます。

速攻で購入しました。

肉を焼くプレートと、プレートを支えて水を張る受け皿の2つが入っています。

プレートの溝が、脂落としの穴まで続いており、これはヘルシーな焼肉ができる期待が膨らみます。

同じIWATANI(イワタニ)製品なので、カセットコンロとプレートの溝がぴったりで安定感ばっちり!!

あと、付属の取っ手を使うと、プレートを簡単に持ち上げられます。

Let’s お家焼肉

さっそく焼肉を楽しみたいと思います。

宗家のキムチ美味しいですよね。でっかいサイズが売っていたので思わず購入してしまいました。

横から取った写真です。ちょっと分かりづらいですが、煙がほとんど出ていません。あとカセットコンロが薄くてスリムなのが良くわかりますね。このカセットコンロはスタイリッシュでお気に入りです。

また、プレートの溝に沿って余分な脂が下に落ちるため、肉に油が付きにくくヘルシーな点も〇。下は水が張ってあるため、焼肉後に水を捨てればよく、後片付けも楽ちんです。

プレートが大きい点も使ってみてよかった

焼肉のプレート面積も大きくてよかったです。熱も均一に伝わるように設計されており、焼きムラもできづらかったです。(プレートの縁の穴が開いている所は、さすがに焼きづらいですが)

お家でサムギョプサル

このプレートなら、余分な脂がどんどん下に落ちるため、お家サムギョプサルもできちゃいました。

Iwataniの焼肉プレートはフッ素加工でお手入れ簡単

さて、お楽しみの後はお片付けです。

さんざん楽しんだ焼肉とサムギョプサルですので、食べ終わった後のプレートも油がすごいです。

でも、この時点でも焦げ付き汚れはないんですよね。

プレートもすごいですが、プレートの受け皿側も、滴り落ちた油で大変なことになっています。

水を張った上に、肉の油が層を作って浮いています。逆に言うと、余分な脂を落としてヘルシーな焼肉ができたことに。

実際、普段使っているプレートで食べるよりも、脂をまとっておらずいい感じでした。

でも、大丈夫!

フッ素加工は流石です。擦らずに洗っても、新品同様にきれいになりました。

このギトギトの油汚れが、簡単綺麗です。

最後に

これで快適な焼肉ライフが手に入ってしまいました。もし「におい」や「片付け」でお家焼肉をためらっている方が居たら、Iwatani(イワタニ)「カセットフー 達人スリム (CB-AS-1)」と「イワタニ 焼肉プレート(CB-P-Y3)」はおすすめです!カセットガスも同じイワタニから出てるので、買い置きしておくと安心です。

イワタニ カセットガス(CB-250-OR)

タグ: ,

About: ken


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください