賃貸マンションでの太陽光発電生活シミュレーション

背景、我が家は西日が異常

2年ほど前に引っ越してきたのですが、この部屋は西側が一面ガラス窓になっています。

そのせいか、日中は西日がとても強く、眩しいだけでなく、部屋の温度も上がり、夏は灼熱部屋になります。夏だけでなく、冬でも時間帯によっては熱くなります。

もちろんカーテンはしてるのですが、とても防ぎきれていません。

「これだけ日差しが強いのであれば、ソーラーパネルを置けば、西日を防げるだけでなくこれはすごい発電ができるのではないか」と、ずっと思っていました。

まずは試算だシミュレーション

最近エコが流行っているし、太陽光発電で電気代を節約する生活ができればいいじゃない。と思い、実際にどのくらい導入にコストがかかるかをシミュレーションしてみることにしました。

(結論を言ってしまうと、全然元が取れないからやめました🎉だって元をとるのに21年かかるんだもん。。。)

太陽光発電って何が必要?

ネットで調べると、企業に依頼すると80万円以上~の費用が必要となりとても高くなってしまいます。

あとで分かるのですが、電気を溜めるための蓄電池が高いんですよね。

で、そんな大規模でなくていいんだけど、、、と思いながら探していると、自作している強者を発見。
その方々は、以下の機器を買って自作太陽光発電システムを構築していました。

自作の太陽光発電システムを構築するために必要なモノは、

  • ソーラーパネル
  • コントローラー
  • 蓄電池

になります。

今回は、上記の場合をシミュレーションし、以下を検討したいと思います。

  • どのくらい太陽光発電で賄えるのか?
  • 導入費用をペイするのにかかる期間はどのくらいか?

検討開始

1,電気代と使用量の現状把握

我が家はLoop電気を契約しております。引っ越してからの月別の消費電力と電気代は以下の通りです。

電気代と使用量

2018/9月 ~2021/3月までの2.6年間、31カ月間の各月別の電気代(円)と使用量(kWh)のグラフです。なぜか不明ですが、年々電気の使用量が減っています。

あと、夏場の電気代が高いですね。これも西日による暑さに耐えられず、冷房をガンガン使っているためだと思います。

電気代(円)使用量(kWh)
合計207,3527644
最大10,700388
最小3,240131
平均6,689247

1kWs当たりの電気代は、27.1円/kWsでした。

全国家庭電気製品公正取引協議会が発表した新電力料金目安単価(税込)の通りですね。

年間電気代(円)80,265円
使用量(kWh)2959kWh
月間電気代(円)6,689円
使用量(kWh)247kWh
日別平均電気代(円)223円
使用量(kWh)8.2kWh

2.ソーラーパネルの発電量

自宅の消費電力がわかったので、次は市販のソーラーパネルでどのくらい発電できるのか調べます。

ソーラーパネルは、色々なメーカーが販売しているのですが、必ず「100W」などと記載されています。

100Wは瞬間的に発電できる電気量です。もし1時間ずっと100Wを発電した場合は100Whになります。(1hourは1時間だから、hは1時間のことですね。)

1kWh=1000Whなので、100Whなら0.1kWhですね。

ただソーラーパネルは、外的要因(くもり、パネルの汚れ)により作れる電気の量は刻々と変化すため、ずっと100Wではありません。

以下のサイトでは、4月の1カ月間で100Wソーラーパネルの発電量を実測した結果が載っています。

100Wソーラーパネルの発電量実測データ|災害備蓄品マニュアル (bohsai.info)

上記から、同じソーラーパネルでも、天気によって発電量が大きく左右されることがわかります。

快晴296Wh
晴れ192Wh
薄曇り86Wh
曇り35Wh
16Wh

東京の年間を通じた快晴/晴れ/雨のデータは公表されていますので、年間の発電量を計算してみます。

東京の天気日数合計wh合計kWh
快晴341006410.1
晴れ1001920019.2
曇り1281100811.0
あめ10316481.6
合計3654192041.92

100Wのソーラーパネルを使うと、東京では年間41.9kWhの電気が作れるようです。

3.ソーラーパネルの発電量を電気代に換算

kWhでいわれてもピンとこないので、円に換算してみます。

Loop電気の電気代は「 27.1 円/kWh」と分かっているので、100W~1000Wで賄える電気代を計算してみます。また年間電気代(我が家は年間電気代80,265円)に対する割合も記載します。

なんと、100Wのソーラーパネルだけだと1%ほどしか賄えない結果に。。。

ソーラー
パネル
kWh換算年間(円)年間電気代
80,265円
に対する割合
100W0.1kWh1137円1%
200W0.2kWh2274円3%
300W0.3kWh3411円4%
400W0.4kWh4549円6%
500W0.5kWh5686円7%
600W0.6kWh6823円9%
700W0.7kWh7960円10%
800W0.8kWh9097円11%
900W0.9kWh10234円13%
1000W1kWh11371円14%

電気代を100%を賄うためには、7.1kWh(80,265円÷11371円/kWh)となるため、あくまで概算ではありますが、100Wのソーラーパネルが70枚必要になる計算です。(既に、ん?と思う結果に)

4.機器の初期費用

自作の太陽光発電システムを組み立てる場合、

  • ソーラーパネル
  • コントローラー
  • 蓄電池

が必要になります。

ソーラーパネルの枚数を決める

次に、我が家の西側窓の面積です。この面積に何枚のソーラーパネルが張り付けられるか考えます。

個所寸法[cm]面積[m2]
西窓の上部110 x 4504.95
西窓の下部90 x 4504.05

となってますので、例えば以下のソーラーパネルなら、

1枚当たり 寸法は「118cm x54cm x 0.2cm」なので、窓の上部に8枚は設置できそうです。

8枚を設置すれば、1.18m x 0.54m x 8 = 5.1 [m2] なので、57%の面積はカバーできます。

コントローラーを決める

大体の価格帯は同じだったので、このあたりでいいかなと。

蓄電池を決める

100Wで快晴の場合、296Whの発電量になるとしています。

そのため8枚のソーラーパネルは800Wだと、2.4kWhとなります。

2.4kWhの蓄電池を調べると、Amazonで以下が見つかりました。(が、20万円以上します。。。)

蓄電池、高っけー!!

残念ながら2.4kWhは困難なため、1kWhのJackeryにします。

それぞれの合計金額は以下になります。

ソーラーパネル77,740円
コントローラー2,099円
バッテリー111,840円
合計191,679円

最初の疑問の回答です

  • どのくらい太陽光発電で賄えるのか?

以下の0.8kWhの太陽光発電システムだと、1年間で11%程の電気代を賄える計算です。

ソーラー
パネル
kWh換算年間(円)電気代に対する割合
800W0.8kWh909711%
  • 導入費用をペイするのにかかる期間はどのくらいか?

191.679円(初期費用) ÷ 9097円(1年間の発電量円換算) = 21年

結論

Loop電気、安い。


About: ken


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください