Windows10(WSL) でDocker / Kubernetes コンテナ開発の自学自習 | Docker / Kubernetes 実践コンテナ開発入門(1.Dockerの基礎)

Docker / Kubernetes 実践コンテナ開発入門(1.Dockerの基礎)

記事一覧(目次)

>>次の記事

<<前の記事

この記事は、「Docker/Kubernetes 実践コンテナ開発入門」の書籍を見ながら実践しています。実際の開発に即した内容となっており良書でした。

1.Dockerの基礎

1.1 Dockerとは

  • 2013年春にSolomon Hykes氏がオープンソースとして公開
  • コンテナ型仮想化技術の1つ
  • コンテナは、OSのユーザー空間を切り出して提供する
    • →ソフトウェアでハードウェアを仮想化(OS型の仮想化)するよりもオーバーヘッドが少ない
  • ホストOSに左右されない実行環境(Docker Engineが吸収)
  • Dockerfileを用いたコンテナ情報のコード化(冪等性)

1.2 Dockerを利用する意義

  • 環境差異からの脱却:Dockerfileにより、インフラ環境をコードベースで管理でき、 確実にゼロからサーバをセットアップできる
    • Infrastructure as code :コードベースでのインフラ環境構成管理
      • chef、ansibleは物理ホスト、仮想ゲスト等、広い範囲での構成管理
      • dockerはコンテナの構成管理
    • Immutable Infrastructure :ある時点のサーバの状態を保存し、複製可能とする
      • 確実にゼロからサーバをセットアップできることが保証される
      • 冪等性が不要になる→プロビジョニング(サービス提供の仕組み)はとてもシンプル
  • アプリ構成管理のしやすさ
    • 一定規模のシステムは、複数のアプリケーションとミドルウェアから構成される
      • アプリケーションとミドルウェアの設定をコードベースで管理できる。
      • Docker Compose:複数コンテナの管理
      • Docker Swarn:複数サーバでの、複数コンテナ管理

1.3 ローカルDocker環境を構築する

Hyper-Vの有効化

タスクマネージャーのパフォーマンスから、仮想化が有効か確認します。

Docker for Windowsインストーラの入手

インストーラを入手するために、まずはアカウントを作成します。

https://hub.docker.com/editions/community/docker-ce-desktop-windows

必要な情報を入力したら、「Sign Up」を押します。

Docker Hubからメールが送られてきます。

自分のメールボックスを確認します。メールに「Confirm Your Email」とあるので、

アクティベーションします。

ログイン画面が表示されるので、先ほど登録したアカウントとパスワードを入力します。

ログインすると、以下の画面が表示されます。

ログインできたので、改めて以下のURLからインストーラをダウンロードします。

 

Docker for Windowsのインストール実行

ダウンロードしたインストーラを起動します。

ダウンロードが完了すると、下記の画面が表示されます。

この「log out」はWindowsからのログアウトになるので、

ファイルなど未保存のものは保存しておかないとデータが消えます。

(わたしは、Docker Hubからのログアウトかと思って痛い目にあいました。)

Windowsの再起動後、以下の画面が表示されるので「OK」を押します。

すると、またもや再起動になります。再起動後には、画面にDockerのサブ画面が表示されます。

Docker Desktop is runningになればインストール成功です。

PowerShellでインストールしたDockerのバージョンを確認

記事一覧(目次)

>>次の記事

<<前の記事

About: ken


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください